2011年10月01日

鉄道博物館(JR東日本)へ行ってきたの巻1

鉄道博物館(JR東日本)へ行って来ました!(この夏に)(^O^)/

昔、秋葉原の端っこにあった頃とは変わり、場所は埼玉の大宮になります。

しかも、大宮駅から乗り換えて、ニューシャトル(新交通システム?)で一駅行かなければいけません。
鉄道博物館駅に到着すると、目の前です。

到着は、開館の30分前でした。
DSC03034.JPG
そして、平日にもかかわらず、結構並んでいました(笑)まあ8月でしたので、子供は夏休みか
DSC03033.JPG
D51 426号機のカットモデルがあります。
ライト点灯し、いきなり汽笛が鳴ったので、ちょいとビックリ(@_@;)

並んでいると、床面が面白く、なんと↓
DSC03041.JPG
東北新幹線や山形新幹線の時刻表になっています。
そして、

DSC03035.JPG
見上げれば、天井が同じくスジになっています。
(写真が見難く、m(__)m)

そして、しばらくすると、係員がパンフレットを配布してくれました。
DSC03037.JPG

パンフレットをチェックしている間に、開館時間となり、列は前進!
そして、入館料はSuica,ICCOCAで支払いでき、そのままICカードが入館証になります。

入館して、直ぐに人気のあるミニ運転列車の整理券をもらいに行きました。
入館用改札機を通過して、右奥で配布していて、入手した整理券は11時30分の枠でした。
(ラッキー)

次の順番待ちが多いと思われる各運転シミュレータのコーナーへ
(入館して、左側へ行くとすぐ)

▼200系新幹線シミュレータ
DSC03042.JPG

▼200系新幹線シミュレータ(説明案内板)
DSC03046.JPG

▼200系新幹線シミュレータ【動画】

面白い試みです。これは安全対策をPRする良い方法だと思います♪

自分の運転が終わると、既に待ち時間が40分以上になっていた・・・汗
私はなんと、待ち時間10分で、運転体験が出来ました!ラッキー!

ちなみに200系新幹線は鉄道模型(マイクロエース製Nゲージ)で保有しています。

▼205系山手線シミュレータ
DSC03043.JPG
開館後30分後には、50分待ち以上なので、体験せず。

▼209系京浜東北線シミュレータ
DSC03044.JPG
開館後30分後には、50分待ち以上なので、体験せず

▼D51シミュレータ
DSC03045.JPG
残念ながら、休止中でした(+o+)

初訪問ですが、整理券の入手や運転シミュレータがすぐに体験できたことがラッキーでしたwww
次回は、鉄道博物館編その2をお届けします。




ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援をm(__)m 
▼下のバナーをクリック頂くと、1票が入ります▼





posted by きのこ at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各地の鉄道博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

鉄道博物館(JR東日本)へ行ってきたの巻2 巨大鉄道模型レイアウト!

前回のレポートから時間が空きましたが、”てつぱく”こと鉄道博物館の続編です!

紹介する順番は、実際の閲覧経路とは異なりますがwww

鉄道模型好きのみなさん!お待たせしました。
HOゲージレイアウトのご紹介です。国内最大級の大きさ+リアル度では、国内随一だと思います

▼FullHD動画:鉄道模型ショーです♪

レイアウトの閲覧方法や、内容はJR西日本の交通科学館(大阪:弁天町)とほぼ同じ
ですが、綺麗さや大きさ、リアル感、列車本数、作り込みの細かさはJR東日本 鉄道博物館の圧勝ですね(笑)

また運行&説明もお姉さんなのが、ソフトでいいですね。
(弁天町はお兄さん^_^;)

▼巨大レイアウトのミニチュア模型
DSC03090.JPG
レイアウトが巨大が故に、全体の構成がわかり易いです(^_^;)

▼レイアウト正面より
DSC03053.JPG

▼レイアウト右正面
DSC03055.JPG
FALLERの観覧車など遊園地が見えます。

▼正面やや左側
DSC03063.JPG
カシオペアのお尻が見えます。

▼トンネルもこんなにあると圧巻
DSC03073.JPG

▼朝〜昼〜夕〜夜を切り替える天井の照明
DSC03069.JPG

▼各新幹線の車両基地
DSC03084.JPG
見慣れない青の車両も!?

▼”てつぱく”もあります
DSC03078.JPG

▼ホーム端に揃う機関車と列車
DSC03087.JPG

▼隣接室の修理場
DSC03095.JPG

まだまだ紹介したいレイアウト内のシーナリーやストラクチャーが沢山あります。
ネタが豊富です!

リニア・鉄道館のような凝ったギミックはありません。
昔の秋葉原にあった頃よりも大きくなっていました。



鉄道ブログが沢山です
▼バナーをクリックして下さい▼



posted by きのこ at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | 各地の鉄道博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。