2013年02月28日

氷河特急【GLACIER EXPRESS】を改造しよう2♪ KATO Nゲージ

今日は、室内でアルプスを夢見て(笑)

Nゲージ 氷河特急のTNカプラー部も、両面テープからゴム系接着剤へ変更しました。
初心者の方の為に、説明しときます。

ゴム系接着剤(ボンド)は、ゴムの力で、ボディーとカプラーを貼りつけるので、いざとなれば、綺麗に剥がせます(外せます)。

例えば、タミヤのプラモデル用接着剤は、プラスチックを溶かして、接合します。
この接着剤を使用すると、いざというときに綺麗に剥がせませんw

なので、ゴム系ですw

氷河特急の写真を1枚(^^)/
アルプスの氷河特急【GLACIER EXPRESS】を改造しよう2♪Nゲージ
さて、何が変わったでしょうか?

車両間隔は、改造しよう の1回目と同一ですよ。


ちっちっちっち・ち〜ん 。はい、タイムオーバーです。

スイス国旗の 十字 を見て下さい。
窓部分を白く装飾しました。
アルプスの氷河特急【GLACIER EXPRESS】を改造しよう2♪Nゲージ
って、いつも通りのお手軽レシピですがwww
正体は、ボディパーツと窓枠パーツの間に、ティッシュを挟み込んだだけ(爆

ね、お手軽でしょ A^_^;)
本物の写真を見ると、窓枠が、白くラッピングされています。
この方が、スイス国旗により見えますからね♪

そして、そのラッピングを通して、景色が見えるように、穴があいているそうです。
外側から見ると、やや薄い白色のシートに見えるのですね。

これと同様に見える素材を探して、探して
白色の各種テープなどを・・・

だが、中々、なく、鼻をかもうと手にした、ティッシュペーパーが
はらりと、2重から1枚に剥がれて、まさか〜と試してみたら一番近かったwww

ので、ティッシュペーパーを選択したのでした。
安いし、加工も楽ちんだし(笑)

では、今夜もスイスを夢見て、グレッシャーエクスプレスでGo!

そうそう、氷河急行(Nゲージ KATO)の一連のブログ記事ですが、
なんと、台湾とドイツの掲示板で、取り上げられていて、多くのアクセスがあったことが判明ですw

もしかして、アジアや欧州でも、注目されている鉄道模型製品なのかも!
嬉しくも驚いた報告でした♪

▼鉄道模型ブログ ランキング▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道ブログランキングへ参加しています。是非ご一票を♪
▼バナーをクリックして下さい▼

posted by きのこ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ機関車&車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/335159908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。