2013年02月14日

アルプスの氷河特急【GLACIER EXPRESS】を買おう♪ KATO Nゲージ

早速、買いましたよ!レポですよ(^_^)ノ

スイスの観光列車の1つ、氷河急行ことグレッシャーエクスプレスを国内メーカー KATOが鉄道模型化しました。
すごいぞ!KATO! しかも、何故か1/150。。。

KATO Nゲージ 10-1145/10-1146
GLACIER EXPRESS 基本セット&増結セット

この列車のNゲージは、欲しい欲しい欲しい!!!
と思ってたレベルの、めっちゃ欲しかった!

のですが・・・店頭に展示されたNゲージ(製品)を見ると・・・

正直、購入するかは、マイナス面で、迷いましたwww

その理由とは

1.連結間隔が広い。広すぎる。
グレッシャーエクスプレスの良さである、車両間にある『スイス国旗』の十字
「+」が、 「━ ┣」こんな感じで台無し。。。

2.室内灯 非対応
(これは、対応して欲しかった)

3.作りがチャチイ
(海外列車のNゲージは、高額になっても、細部までこだわって、コレクションしたくなる上のレベルで、製品化して欲しかった)

しかし、Nゲージでは、この製品のみ。
連結感覚は、何とか改造で、出来るのでは?
と、考え、購入決定! と結論づけた次第です(笑)

●Nゲージ グレッシャーエクスプレス 基本セット&増結セット

▼箱の外(表、裏)
アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATOアルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO
この瞬間は、ワクワクしますね!

▼ケースに収容した状態
アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO
開封すると、さらにワクワク!!
Nゲージで、この車両編成 氷河急行が見れる日が来るとはw

▼説明書(表、裏)アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATOアルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO
実車紹介では、
走行区間:ツェルマット〜サン・モリッツ間(レーティッシュ鉄道、マッターホルン・ゴッタルド鉄道)
世界でもっとも遅い特急として・・・とグレッシャーエクスプレスの紹介があります。

また、裏面には、英語とドイツ語の説明書きも(笑)
海外輸出を視野に入れていますねwww

▼機関車Ge4/4-3 644
アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO

▼機関車+客車パノラマカー
アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO
う〜ん、連結感覚がwww いや、連結間隔がwww

アップで見ると。。。www
アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO
更に、www

実車はというと
アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO
*リンク先は、GLACIER EXPRESS

こんなに間隔が狭く、カーブなどで車体が、うねる度に、スイス国旗が、揺らめいて見える特徴があります。
なのに、KATOは、何を思ったか、この特徴的なデザインを、台無しに(爆

そこで、私は、次のように改良♪
アルプスの氷河特急グレッシャーエクスプレス Nゲージ KATO
上部がKATO製ノーマルの連結時
下部が、改造後の連結間隔

スイス国旗が、実物っぽく見えますか!?
(笑)この車体デザインのNゲージが欲しかった☆

たぶん、皆さんも、この連結間隔なら、買いたい! と思う方も多いんじゃないかな〜w
と、思います。これなら、飾るだけでも、絵になりますよねwww

改良レシピは、次のレポへ"つづく"! (^^♪

▼鉄道模型ブログ ランキング▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道ブログランキングへ参加しています。是非ご一票を♪
▼バナーをクリックして下さい▼


posted by きのこ at 23:18 | Comment(7) | TrackBack(0) | Nゲージ機関車&車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これくらいの連結間隔だと美しく見えますね。因みに、改造はどのようになさったのでしょうか?ケーディーあるいはKATOカプラーNをお使いになりましたでしょうか?
Posted by Katsumaro at 2013年02月15日 06:39
Katsumaroさん、こんばんは!

コメントをありがとうございます。
改造編のブログ記事をアップしました。

お手軽レシピなので、ご参考になるかわかりませんがwww

http://ngauge.seesaa.net/article/323224832.html
Posted by きのこ at 2013年02月17日 00:05
ありがとうございました!
Posted by Katsumaro at 2013年02月17日 18:24
実車に乗ったことがあれば分かりますが、室内はあえて暗くしてます。
理由はガラスに反射して外が見にくくなるからです。
だから、室内灯が無い方が理想
それに欧州型は基本的に室内灯がついてる模型はありませんよ
Posted by 実車に乗ったことが・・ at 2013年02月22日 23:34
g1525568@さん

こんばんは!コメントをありがとうございます。ご指摘はごもっともです(笑)

ただ、実車にも、普段は暗くても室内灯がありますよね。
トンネルや外が暗い時は、室内を明るくさせますよね。

模型なので、室内灯を点灯して走行させた方が綺麗という理由が一番です。

欧州型でも、室内灯をつけられる模型はありますし。
Posted by きのこ at 2013年02月23日 02:53
でもせっかく室内が良く見えるのですから、むしろ人形を沢山乗せるは?従来の室内灯を付けたら人形が乗せれないとも思います
もし、自作するにも屋根の内側にアクリルの細い棒をつけてうっすらと光るくらいでいいのでは?日本型くらいの明るさだと変ですよ
Posted by 実際に乗った経験で言うと at 2013年02月23日 16:48
再度のコメントを有難うござます。

うーん、いいアイデアだと思います。
ただ、私はそこまで手が回りません。。。
また、私は従来の室内灯とは、書いていませんが(^_^;)

g1525568@さんが、実現されたら、是非、ブログなどで、UPして下さい!

お待ちしています。
Posted by きのこ at 2013年02月24日 06:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。