2011年07月16日

手作り樹木(2)(鉄道模型)2011年版 フォーリッジ&針金

鉄道模型用の樹木の作り方2011年バージョン 続編です。

昨日のミニネイチャーを使用した製作方法は、製造コストが高くつきのが難点です。
樹木1本あたり@170円位

更に安く作る方法を試作します。

■材料■
1.針金(100均で、100円)
2.フォーリッジクラスター(安物)
DSC02407.JPG

1本当たり@20円位

■レシピ■(美味しい、ウソ(^^;)、簡単Nゲージ樹木の製作♪)
1.針金をよじって、ねじって、模型用語でいう「トゥリーク」を作ります
DSC02413.JPG
2.フォーリッジクラスターを細かく、千切り、枝に挿します
DSC02414.JPG
おわり

簡単ですね。ヽ(^。^)ノ


<樹木製作のコツ>
針金は長さ5cm〜10cm程度の物を10本〜20本程束ねます。
枝にする時は、2~4本位を分岐させて、更に分岐させて、木の体裁を整えます。
キチンと作る時は、フォーリッジを挿す前に、針金にボンドか接着剤を塗るようにしましょう。

さて、昨日の樹木と比較します。
DSC02415.JPG
左:ミニネイチャー+自然木+針金
右:今日の針金+フォーリッジクラスター

リアルレベルは左ですよね。
ただ、爪楊枝樹木よりはリアルになりました。

アレンジ方法は、
自然木+針金+n
nに
フォーリッジやフォーリッジクラスター(メーカーや色違い)などを上手に組み合わせると、よりリアルな模型樹木が低コストで作れると思います。

■おまけ

樹木の向こう側を行くオリエント急行
DSC02419.JPG

関空特急”はるか”と手作り樹木
DSC02418.JPG

トワイライトエクスプレスと手作り樹木
DSC02416.JPG

トゥリークを針金で初めて、作ったのですが、意外と簡単ですね。
1本分のねじる作業時間は1分程度でした。

爪楊枝樹木へフォーリッジを接着するよりも、トゥリークへフォーリッジをつける方が、作業が簡単です。
この経験からすると、自然木が手に入り難い人は、幹部分を爪楊枝、枝を針金にする方法もありますね。

さあ、レッツチャレンジ!

建築模型にも使えますねwww


posted by きのこ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ レイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。