2011年07月04日

簡易大型レイアウトをレンガ模様で装飾(2) FALLER N222564

簡易大型レイアウトをレンガ模様で装飾 FALLER N222564のつづきです。

鉄道模型Nゲージレイアウトの製作レポートです。

▼前回までの状況
DSC01946.JPG
街並みを設置する面積が少し狭いかなぁと。

そこで、面積拡張をすることに
DSC02179.JPG
ベニヤ板をカッターナイフで、切断します(結構、時間がかかりました。ジグソーがあれば、一瞬なのに・・・)

そして、ベースの発泡スチロールを少し、かさ上げしました。
ベニヤ板を置きました。
DSC02181.JPG
これで街並みのスペースが広くとれますヽ(^。^)ノ

次に、線路脇の発泡スチロールが見えている部分を塗ります。
DSC02246.JPGDSC02247.JPG
100均で購入した補修用ペンです。
取りあえず、白が隠れるように、塗りました。

写真の写っている客車はスハフ14(国鉄時代TOMIX製)です。
近い場所にあったので、ちょいとのせてみました。

発泡スチロールの側面は、FALLERのレンガシートを追加で貼り付けました。
(貼付けは、100均の両面テープで)
DSC02249.JPG

先ほど、切断したベニヤ板も地肌のままでは、ちょっと(+o+)なので、
100均で購入した グレー色(水性ペンキ)&ハケで塗りました。
DSC02253.JPG
グレーにしたのは、下地になる板が見えても、グレー色なら、コンクリートやアスファルトに見える可能性があるからです(なんと手抜きなwww)
これで、ヨーロッパの街並みを設置するスペースが、ぐんと拡張できました。

ここで一つ、悩みが、、、
街並みの高さが少し、高くなりましたので、列車が正面に来た時に、街並みの地面のほうが高い位置になってしまいました。
列車と街並みの見え方として、工作前と後のどちらがバランスがいいのか、少し悩むところです。
何といっても、Nゲージレイアウトですから、列車が主役ですので!

では(^.^)/~~~


posted by きのこ at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FALLER(ストラクチャー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。