2011年05月31日

オリエントエクスプレス フレッシュドール号(プルマン車)

今日、ご紹介するNゲージは、オリエント急行の一つである列車です。
その名は、フレッシュドール号(フランス語:黄金の矢号)といいます。
orient express Fleche d' Or pullman
DSC01985.JPG
時は、さかのぼり、ワゴンリが運営するオリエント急行の全盛期です。
路線の一つに、イギリスのロンドン〜イスタンブール駅までを結ぶ経路があります。
DSC01984.JPG
■経由地と駅名、列車名■

ロンドン駅〜フォークストン駅(イギリス側の港駅)
・・・ゴールデン・アロー号(英語:黄金の矢号)

フォークストン港〜カレー港(フランス)
・・・船旅

カレー駅〜パリ駅
・・・フレッシュドール号(フランス語:黄金の矢号)

パリ駅〜イスタンブール(旧:コンスタンチノーブル トルコ)
・・・オリエント急行


このカレー〜パリ間を担当したのが、フレッシュドール号です。

機関車はフランス国鉄の231E型 蒸気機関車(Nゲージ:リバロッシ製)
DSC01986.JPGDSC01978.JPG
なかなかフランス型もお洒落なデザインです。鉄道模型とはいえ、センスの良さを感じます。

客車はワゴンリのフレッシュドール型プルマン車です。
(Nゲージ:リバロッシ製)
DSC01980.JPG
プルマンカー NO.4108
DSC01981.JPG
プルマンカー NO.4008 4008は調理室付で4108と2両でセット運用されていた
DSC01982.JPG
荷物&ブレーキ車(茶クリーム プルマン色)

この蒸気とプルマン+ブレーキ車の組み合わせを鉄道模型で再現してみました。

こんな観光列車が走っていれば、是非乗ってみたいです。
国内の鉄道会社で、フレッシュドールプルマン的な、リッチな雰囲気の列車が運行されれば面白ですよね!

ちなみにこのフランス蒸気は、テンダードライブ(石炭車側に動力車)になっています。
なかなかのヨーロピアン的な雰囲気でいいかんじです。


posted by きのこ at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリエントエクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。