2009年12月28日

ステーションホール FALLER N222127【2】組立!

先日、購入したFALLERのNゲージ用ステーションホール。
ヨーロッパの駅であるガラスドームの天井になっているやつです。

レポート第2弾は組み立てです!^^
完成イメージ(鉄道模型Nゲージ用)
DSC04257.JPG

以前の観覧車と違い、非常に組み立てはシンプル!

なのですが・・・ガラスドームとなるステーションホールの天井のガラスが・・・

DSC04263.JPG
多い(^_^;)

永遠と、プラスチックのランナーからプラ用のニッパーでカットしていきます。

その数、”108枚!!” さすがにキット2個分+接続部(5枚)の量は半端じゃないです。


次に鉄鋼アームを形成する部品などを仮組し、プラットフォームやベンチ、看板なども含めて、スプレーで塗装します。
DSC04266.JPG
プラスチックのテカテカ感をなくすために、クリアー(つや消し)を万遍無く、ふいておきました。

DSC04264.JPG

クリアー塗料の乾燥後、ガラスドームを組立ます。

DSC04267.JPG
また、永遠と”108枚!!!”www

このガラス部品ですが、貼り合わせがピッタリと行かない場合があります。

その場合は、ガラスにある足(出っ張り)の端を1mm程削ると、上手に隣のガラスと密着します。

ガラスの足が鉄骨アームのポッチ(出っ張り)の間に収まるように、接着しないと、ドームが歪んでいきます\(◎o◎)/!ご注意!

ひとまず、ドームが完成しました!
これで山は越し、後は小物の取り付け作業などです。

とりあえず、レイアウトのホーム上へ仮に置いてみました。
DSC04268.JPG
オリエントエクスプレスが似合います!

・・・

そう、気づかれました!?

このステーションホールのプラットフォームとレイアウト上の線路配線とが合っていません!!!www

DSC04269.JPGDSC04270.JPG

そうなんです!大変です。

と言いつつも、実は購入する段階で、気づいていました。
が、どうしても欲しかったのです。

さて、レイアウト上の線路配線を見直す悩みが増えました(^^♪

次回、解決するか!?


posted by きのこ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | FALLER(ストラクチャー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。