2012年02月04日

国鉄52系 関西急行ツートンカラー時代モハ52(マイクロエース)

昨年、リニア・鉄道館(JR東海)へ行ってから、ツボにはまった物の一つがあります。

私はテツというほど、マニアでも無い(単なる鉄道模型好き)ので、国電など旧型電車に興味が無かったのですが・・・モハ52にゾッコンになりました(笑)

▼コイツですね
DSC02549.JPG
リニア・鉄道館のレポートは、過去記事をどうぞ

クリーム色とマルーン色のツートンカラーも良いセンスやし、綺麗だし、台車回りはスカートで覆われていえ、床下の機器類が見えず、車体がスマートですよね。
そして、内装も最高にお洒落・・・と沢山あります(^_^;)


そして、気に入ると欲しくなるのは、Nゲージです。
リニア・鉄道館のショップで、鉄コレ(非走行 先頭車両1両のみ)が販売中ですが、やはり走行するNゲージが欲しい!!!

で、探すとマイクロエースから出ていました!

2003年に・・・

当然、どこにも売っていない。
(玉にヤフオクやポポンデッタなどで出物があった模様)

ポポンデッタ(通販店)で購入いたしました。

スミマセン、店長さん、色々とワガママなお願いをしてしまいm(_ _)m
この場で、お礼を申し上げます。

ということで、入手しました。

A-0080 国鉄52系 ツートンカラー 4両セット
(関西急行ツートンカラー時代)
DSC04526.JPG

(^^)v

ただ、M車から異音がし、走行がギクシャクして、停止する状態でwww
早速、原因を探るべく、分解しました。
DSC04533.JPG

調査すると、モーター自体は、好調で、音も問題なし
DSC04535.JPG

なので、各接点や板バネなどを無水エタノール+綿棒で、掃除をして変色部の汚れを落としました。
ホコリも取り除き、車輪をTOMIXクリーニングレールで掃除を実行。

した結果、大分とスムーズに走行するようになりました!
ついでにアーノルドカプラーをマイクロカプラーに変更し、TOMIX室内灯(HO用)を装備させました。


では、改めてご紹介しましょう!
▼モハ52-002
vcm_s_kf_repr_960x540.jpg

ヘッドライトを点灯させると
vcm_s_kf_repr_960x540.jpg

テールライトを点灯
vcm_s_kf_repr_960x540.jpg
vcm_s_kf_repr_960x540.jpg
いや、もう最高です。細部はNゲージの為、色々と異なりますが、雰囲気はOKです。
今、新車としてもデビューしても、十分に通用するデザインだと思いますね。

▼サハ48-029
vcm_s_kf_repr_960x540.jpg

▼サロハ66-020
vcm_s_kf_repr_960x540.jpg

▼モハ52-001
vcm_s_kf_repr_960x540.jpg

Nゲージなので、無理な要望ですが、内装もリニア・鉄道館で見た、お洒落な木造&グリーンで再現されていれば文句なしですが。
MAさん、高価格ハイグレードモデルで、シート生地まで再現したモハ52流電を出してくれませんか?(^_^;)

色合い、形状から欧州車と言っても、おかしくないデザインがいいですね〜
このモデルは、モハ52 JR西日本 吹田工場で保管されているクモハ52001でして、リニア鉄道館にあるクモハ52004とは、窓の幅が、狭窓と広窓で異なるのですがwww


▼鉄道模型ブログ ランキング▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道ブログランキングへ参加しています。是非ご一票を♪
▼バナーをクリックして下さい▼






posted by きのこ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新幹線&高速列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

オリエントエクスプレス'88 未走行の車両について

オリエントエクスプレスの再販まで、あと少し(^_^;)って、もしかして2月下旬?

コメントで、質問がありましたので、記事にします。

■質問内容■
オリエントエクスプレス'88で未走行だった車両を教えてほしい
パリ〜香港間の編成を再編希望 他

調べました(汗)

オリエント急行(NIOE)来日編成の車両数を確認します。

●パリ発 15両編成 → 笠戸工場 上陸

●日本国内運行 11両+控え車2両

●笠戸工場保管 4両 になります。

▼保管されていた青きプリマドンナなワゴンリ▼

■シャワーカー VC NO.4013
クリーム&濃紺
英国バーミンガム社 1926年製(1967年改造)

■YU寝台車 WLA NO.3851A
濃紺1色
ベルギー ニベルス社 1949年製

■プルマンカーWP NO.4149E
調理室無タイプ
クリーム&濃紺
イーアイシー社

■LX16寝台車 NO.3475A
メトロ社
濃紺

以上の4両ですね。
シャワーカーはリバロッシ社製でありますね。
他は車番違いでよければ、KATOの基本、増結を2セット購入すれば、同じ車両のモデルは揃いますね。

但し、車両にステップがありませんし、台車も異なりますがwww
そして、荷物車の監視ドームの高さも・・・

ちなみにヨーロッパで各地で牽引した蒸気機関車は次の通りです。

■パリ〜
フランス蒸気SNCF:230-G-353
フランス蒸気機関車230-G-353


■マリエンボルン〜
東ドイツ蒸気:01-137,01-1531-1
東ドイツ蒸気機関車01-137

東ドイツ蒸気機関車01-1531-1

■クトノ〜
ポーランド蒸気:Pt47,Ty51
東ポーランド蒸気:Pt47

東ポーランド蒸気:Ty51


■ブレスト〜
ソビエト蒸気:P36-0064
ソビエト蒸気:P36-0064



■アンダ〜
中国蒸気:前進2991

こちらは、ドイツ蒸気01(ヌルアイン)はNゲージであるかも知れませんが、他はそもそも生産自体していないでしょうね・・・と思われます。

フランス蒸気は似たものですと、フランス蒸気機関車231EはNゲージであります。


以上、オリエントエクスプレス'88に関する豆知識でした(^^)/


▼鉄道模型ブログ ランキング▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道ブログランキングへ参加しています。是非ご一票を♪
▼バナーをクリックして下さい▼



posted by きのこ at 00:59 | Comment(4) | TrackBack(5) | オリエントエクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。